初めての病院実習 < 前編~1週間目~ >

医療事務-関連記事

ついに実習初日がやってきました。期待と不安と緊張が入り混じった複雑な気持ち・・・。

実習期間は4週間!学生たちはこの長い病院実習を嫌がる人ばかり。理由は『お金が1円ももらえないこと』、『大変な実習を終えても家で毎日の出来事を実習ノートにまとめるのが面倒なこと』です。

実習でお金をもらおうなんて、今この歳になって考えるとあり得ない!なに言ってんの!勉強させてもらえる機会にまず感謝しなさいよ!と突っ込みたくなりますが、毎日仕事をするような感覚に陥りがちなまだ未熟で若い当時の私達学生は「少しは欲しいよね」っていう甘い気持ちが・・・チラ・・ほら・・・。

でも私は実習で・・・お金が欲しいなんて・・・思いません!!!ただ現場を知れるこの病院実習でたくさんの経験をしてみたいだけだったんです!!!

病院実習初日はほぼオリエンテーション

今回お世話になった病院は私を含め3名の実習生を受け入れてくれました。

事務次長さんが実習担当者でまずは4週間の実習カリキュラムを渡され軽いオリエンテーションが行われました。

・9時出勤で17時退社、お昼休みは職員と同じ1時間とし、土日祝日はお休みとすること

・医療事務の実習といっても別部署のお仕事も体験すること

・なにもかも初めての経験で出来ない・わからないことだらけだからせめて挨拶だけは元気よくすること

などなど、最初から結構厳しいオリエンテーションとなったのでした。

その後医事課の皆さんへのあいさつと各部署へのあいさつ周りを行い午前中はあっという間に終了。

午後からは医事課の仕事を見学し終了。そして家に帰ったらすぐ実習ノートの作成にとりかかる。

これからの不安と期待と緊張に包まれながら、なかなか眠れない夜を過ごした初日のでぱえもんでした。

病院実習2日目~5日目 医事課

医療事務の実際の業務を一通り見学し実践させてもらう流れで実習させていただきました。一日ごとに振りかってみたいと思います。

2日目は外来受付業務

受付業務の基本は患者様が来たらまず笑顔であいさつをすることです。『おはようございます』もしくは『こんにちは』となりますが私はこの短い言葉をカミまくり、しかもなかなかすんなりと言葉がでてきません。らっしゃいませ』と言いそうになってしまうのです。

でぱえもん
でぱえもん

ゲゲッ!!それ、いちばん言っちゃダメなやつ!!

人と話すのは得意だったはずなのに全然言葉が出てきませんでした・・・。

次に大切な健康保険証をお預かりし、入力データーの確認と変更や新規患者様であれば追加入力するのですがこれも半端なく遅すぎ。しかも極度の緊張で保険証やパソコンを使う手が恐ろしく震える現象が出現!

今までこの日のために頭の中で何度もイメージトレーニングをしたきたことがなに一つできません・・・。

他の実習生2人は私とは違い緊張しながらも初めてのわりにはスムーズに対応しているようにみえます。どうして私だけが出来ないのか・・・。

家に帰り実習ノートをまとめながら2日目を振り返った時、慣れないとはいえ自分だけがあまりにも出来なさすぎて、とにかく萎えまくった2日目のでぱえもんでした。

3日目は外来会計業務

診察や検査を終えた患者様の料金計算を行う会計業務。患者様をお待たせしないためにも間違えず・迅速が求められる業務です。

会計業務は各病院によってパソコンの打ち込みコードが決まっています。例えば『初診料』なら『ショ』や『1』、『再診料』なら『サイ』や『3』など医療機関によってさまざまです。

会計職員の方にゆっくりコードを全て教えてもらっても極度の緊張からキーボードの字を見つけるのも打つのも恐ろしく遅い私・・・さらに2日目と同様に手が恐ろしく震える現象がまた出現!

あまりの遅さで見るに見かねた職員さんからお会計の準備ができた患者様のお名前をお呼びする係へ変更される始末
『○○様』・・・なかなか大きな声が出せな。職員さんから「聞こえない!もっと大きな声で」と喝が入る!わかっちゃいるけどしまいには声が裏返る・・・。
実習生はお金を扱うことが出来ないので、ただお名前をお呼びして会計窓口にきてもらうだけのこと。そんな簡単なことが私は全然出来ないのです。

患者さまがお会計を済ませたあとはお帰りの際のあいさつです。『お大事になさってくださ』や『どうぞ。お大事に』となりますが、私はこれもまたすんなりと言葉がでてきません。『ありがとうございました』と言いそうになってしまうのです。

でぱえもん
でぱえもん

ゲゲッ!!だからそれ、いちばん言っちゃダメなやつだって!!!

他の実習生2人はここでも私とは違いスムーズに対応しているようにみえます。どうして私だけが出来ないのか・・・。
家に帰り実習ノートをまとめながら3日目を振り返った時、慣れないとはいえやっぱり自分だけがあまりにも出来なさすぎて、とにかくまた萎えまくった3日目のでぱえもんでした。

4日目は入院会計業務

入院会計業務は退院患者様の会計以外は時間に追われることがありません。でも内容がとてつもなく多く難しいのが特徴です。さらに扱う金額も大きく小さなミスでもそれが大きな金額となる大変な業務です。
外来とは違い患者様と接する機会がほとんどなかった入院会計業務は2日目・3日目の実習ですっかり患者様と接することの恐怖と大変さとを感じ、元々ない自信をさらに失ってマイナスになってしまった私には少し落ち着いて楽しく実習ができたのでした。
楽しく勉強になった入院業務でしたが、ふと今までの4日間を振り返る時間ができた時、こんなんで卒業してこれから医療事務員として働くことができるのか一抹の不安を感じてしまった4日目のでぱえもんでした。

5日目またしても外来業務

2日目と3日目の外来業務で全てが全く出来ない不器用な私は患者様と接するのがとても怖く感じていました。それを職員の方はさすがプロ、あっさり見抜いていたのです。
外来業務の予定だった5日目の午前中の業務はなぜか私だけカルテ整理になったのです。患者様とは一切接することはなく、ただ使用するカルテを探したり使用されたカルテをしまったりする単純作業・・・。
ショックでした・・・全然出来ないとはいえもう見捨てられてしまったんだという辛く苦しい思いがこみ上げてきます・・・。
ふと窓口に目をやると他の2人は受付業務と会計業務に分かれて実習しているのに私だけがカルテ整理です。この辛すぎる現実にさらに自信を失った私。
基本ネガティブな私は「きっと私は職員全員から出来の悪い実習生というレッテルを貼られた」とか「医療事務に向いてない」とか「もう面倒みたくない」と思われているんだと思いながらカルテ整理をしていました。泣きそうになるのを必死にこらえながら・・・。
お昼ご飯の時も母親が作ってくれたお弁当をみて、帰りたいとまた泣きそうになりそれを必死に我慢しながら食欲がなくて食べたくないご飯を無理やり口に放り込んだことを今でもはっきり覚えています。
午後からもまたカルテ整理なんだと思うと憂うつでしかありませんでした。
午後になり、職員の方が「3人の業務をチェンジします」と言いました。???いまいちピンときませんでした。
午後から私は受付業務の実習になったのです。他の2人も午前中受付だった人は会計へ、会計だった人はカルテ整理へと変更になりました。
この日の外来はとても忙しく実習の仕方を3人バラバラに行うことになっただけ!私がグチグチ思っていた事なんて職員の方は考えるほど実習生に関心もなければそんな暇もなかったのです。

全然出来ないながらも、患者様にありがとうと言われてすごく嬉しい気持ちになったり、職員の方に「声が小さいよ!」と何回も喝を入れられながらもなんとか頑張りミス連発でグタグタの受付業務実習を終えたのでした。

家に帰り実習ノートをまとめながら5日目を振り返った時、今までの緊張と疲れと今日の勝手なネガティブ暴走によりほぼ仮死状態になってしまった5日目のでぱえもんでした。

まとめ

医療事務のお仕事は思っていた何百倍も大変で、こんなに出来ないものなんだと身をもって体験し残り3週間もある実習は地獄でしかないのだと悟った私は、来週行くのが嫌になり1週間で辞めたいと思ってしまいました。
でも単位を取るためにはこの病院実習を4週間頑張る事が絶対条件です。卒業出来なければ別にお金かかるのよ~と思った時、頑張るしかないと来週への不安は感じながらもやっぱり行くしかないのだと強く思ったでぱえもんなのでした。
でぱえもん
でぱえもん

お金はかけたくない!やっぱりこの気持ちが一番なのよねぇ!!!

来週は一体どんな体験が待っているのでしょうか?

次回は『初めての病院実習~2週間目~』です。

でぱえもん
でぱえもん

最後までお読みいただきありがとうございました

コメント